Apply for
VISA to India
English I  日本語

In
Japan

ビサについて知りたいですか?
商用ビサ

以下のような目的でインドに入国したい方は商用ビサを申請してください
a. 新しい企業・事業を立ち上げるため
b. 工業製品・商業製品を売買するため
c. 商談・ミーティングをするため
d. 人材を採用するため
e. 企業の取締役としえt展示会・トレードフェア・ビジネスフェアに参加するため
f. 専門家として、進行中のプロジェクトのため短期的に訪問するため
g. 契約締結・プロジェクトほどならなくても、商品の売買の事前・事後活動を実施するため
h. 多国籍企業の研修員として企業の社内訓練に参加するため、またはツアー等を実施するため

必要書類:
  • 日本人国民の基本必要書類(適用する場合)
    • パスポート 最低2ページの空白ページが必要)。インド・ビサ・アプリケーション・センターに提出する際、パスポートの有効期限が6ヶ月以上でないといけません。また、パスポートの有効期限を超える有効期限を持つビサは発行できません。インドににぃ異国する際、最低6ヶ月の有効なビサを所有することを勧めます。ビサ申請書類の「発行場所」は、 こちらのリストを参考してください。
    • ビサ用写真を1枚 (サイズ: 51mm X 51mm)。写真要領 を参考してください
    • 申請者はオンラインビサ申請書オンラインビサ申請書 を記入。登録する必要があります。申請書を印刷した後、訂正はできなくなりますのでご注意ください。ビサ申請書を印刷してから、パスポートのサインページと同じサインを写真の下と2ページ目の下に著名してください。ビサ申請書に誤りがあった場合、受け取ることができません。
    • 申請者が以前インドを訪問した場合、当時の入国にあたって利用したビサのページのコピーが必要になります。
    • 申請者の所有する古いパスポートの中に有効なビサが入っている場合、中日インド大使館(東京)、または在大阪インド総領事館に新しいビサを申請する際、 古いパスポートも提出する必要があります。
  • 日本人でない外国国民の基本必要書類
    • パスポート (最低2ページの空白ページが必要)。インド・ビサ・アプリケーション・センターに提出する際、パスポートの有効期限が6ヶ月以上でないといけません。また、パスポートの有効期限を超える有効期限を持つビサは発行できません。インドににぃ異国する際、最低6ヶ月の有効なビサを所有することを勧めます。ビサ申請書類の「発行場所」は、こちらのリストを参考してください。
    • ビサ用写真を1枚 (サイズ: 51mm X 51mm)。写真要領 を参考してください
    • 申請者はオンラインビサ申請書 オンラインビサ申請書 を記入・登録する必要があります。申請書を印刷した後、訂正はできなくなりますのでご注意ください。ビサ申請書を印刷してから、パスポートのサインページと同じサインを写真の下と2ページ目の下に著名してください。ビサ申請書に誤りがあった場合、受け取ることができません。
    • 申請者が以前インドを訪問した場合、当時の入国にあたって利用したビサのページのコピーが必要になります。
    • 申請者の所有する古いパスポートの中に有効なビサが入っている場合、中日インド大使館(東京)、または在大阪インド総領事館に新しいビサを申請する際、 古いパスポートも提出する必要があります。
    • 以下の書類のコピー(A4サイズ)
      a). 写真・個人情報の掲載されているパスポートページ
      b). 日本ビサの貼ってあるページ
      c). 再入国許可書の貼ってあるページ(日本法律の下で必要な場合)
      d). 外国人登録証明書(両側)(適用する場合)
    • 日本人以外の外国人国民の必要書類 のリンクから追加の必要書類をダウンロードし、オンラインビサ申請書と一緒に提出してください。
  • 社名入れの社用箋に当社の関係者の名前と肩書きの書いてある、著名の入っている、印鑑が押されてある招待状の原本が必要となります。(申請者の入国目的・滞在期間は明瞭に書いてください)
  • 社名入れの社用箋に当社の関係者の名前と肩書きの書いてある、著名の入っている、印鑑が押されてある招待状の原本が必要となります。(申請者の入国目的・滞在期間は明瞭に書いてください)

注意:

  1. 申請者は外国籍であって日本で2年以上滞在している場合、商用ビサは日本でも申請者のパスポートの国でも発行できます。ただし、日本での滞在期間は2年未満の場合、商用ビサは申請者のパスポートの国からしか発行できません。商用ビサは、大使館での面接、書類の調査後発行されます。
  2. 日本人でない申請者は有効な旅券と、日本の法律の下で必要のであれば、日本への再入国許可書を持っていなければなりません。
  3. 本人の財政状況の証明書と行いたいビジネス業界で本人が専門家であることを証明する書類が必要となります。
  4. 申請者が提案したいビジネスの業界と関係するインドの政府機関・民間機関と関係のある書類(例えば:企業法の下での企業登録書、インド国産業省の企業登録証明書、貿易促進委員会と関わっている書類等)

中国国民への注意:
(上記の条件に加えて、以下の条件が中国国民に適用します)

  1. 企業の登録機関よりの法人設立認可証
  2. 申請を提出する際、商工会議所より発行された登録証明書が必要です

アイセック (日本国民だけに適用する)

  1. アイセック・ジャパンからの招待状の原本
  2. アイセック・インドからの招待状
  3. 日本の会社からの推薦書の原本
  4. インドの会社からの確認書の原本(会社登録証明書も必要かもしれません)

ジャーナリスト、メディア関係者、写真者、カメラマン、ライターなど、メディアに関係のある方

  1. 上記の方は旅行をする目的でインドに入国する場合、オンラインビサ申請書
  2. 社名入れの社用箋に当社の関係者の名前と肩書きの書いてある、著名の入っている、印鑑が押されてある招待状の原本が必要となります。(申請者の入国目的・滞在期間は明瞭に書いてください。)
  3. 3. 社名入れの社用箋に当社の関係者の名前と肩書きの書いてある、著名の入っている、印鑑が押されてある招待状の原本が必要となります。 申請者の入国目的・滞在期間は明瞭に書いてください)。 この招待状は、申請者がインドに訪問する目的は特定の業務を行うことだけであり、この目的以外申請者は別のビジネス活動に関わらないことを明瞭に書かなければなりません。

  Design & Developed by  Logicopedia