Apply for
VISA to India
English I  日本語

In
Japan

ビサについて知りたいですか?
データ保護に関する宣言

1. 個人データの取り扱い

www.indiavisajapan.com のウエブサイトは IVS Global Japan が提供するサービスの一つであります。ウエブサイト上では、顧客、関係当事者にインド入国に必要なビサの申請要求をお知らせします。

IVS Global Japan のウエブサイトを使う際に提供していただく申請者の個人データの保護は何よりも重要であります。以下に、申請者、関係当事者 がウエブサイトに訪問する際に IVS Global Japan が回収する情報、そしてその情報はどう利用するのかということを報告します。

2. 質問のデータ処理

emailアドレスや名前など、申請者・関係当事者が提供した情報はファイル、またはemailプログラムに保存され、申請者が要求された情報を提供するためだけに利用します。

3. ビサ申請のデータ処理

在東京インド大使館の規定に従い、インドへのビサを申請する際、(https://indianvisaonline.gov.in/visa/) のウエブサイトにおいて申請者のオンラインビサ申請登録が必須であり、その後申請書類のハード・コピーを提出する必要もあります。ビサ申請を始める段階で、IVS Global Japanは申請者を上記に掲載されたインド政府のウエブサイトに導きます。

そのサイトに入力・保存されたデータはビサを発行するためにインド政府側が処理をし、IVS Global Japan はインド政府が行うデータ処理に影響がなく、一切責任を負えません。

IVS Global Japanが申請過程の中で回収・保存・利用する個人データに関して、大使館・総領事館との契約が必要とするサービスを行う、またはビサ申請書を処理するため最低限の必要なデータに過ぎません。従って、個人データは、IVS Global Japan のサービスパートナー(SMS通信の提供会社、宅配会社等)、またはインド大使館・インド総領事館にしか共有されなく、また共有が必要となったときだけ共有されます。データを共有するのが必要な場合、必要とされる範囲のデータしか共有されません。インド大使館・インド総領事館にデータを共有する場合、申請者がウエブサイト(https://indianvisaonline.gov.in/visa/)で既に大使館・総領事館に共有しているデータ、または申請者が提供した追加書類やパスポートにすぎません。

法律の下、または裁判の命令でデータを共有する義務がある、あるいはIVS Global JapanのITインフラが攻撃をされ、犯罪捜査のためにデータを共有する必要がある場合だけを除いて、第三者と個人データを共有、販売するなどの行為は一切しません。

4. クッキー

ユーザーが IVS Global Japan のウエブサイトにアクセスするとき、ときどきクッキー(スモール・テキスト・ファイル)という形で 情報はユーザーのコンピューターに保存されます。これはユーザーにとって、IVS Global Japan のウエブサイトを利用する際、より使いやすく、フレキシブル、効率良くなります。ビサ申請者や関係当事者は、クッキーがすぐに、もしくは定期的に削除されるように、それともクッキーが完全にブロックされるように、あるいはクッキーが保存されるときにユーザーに知らせるメッセージがあるように自分のウェブブラウザの構成を設定することができます。ユーザーは外部リンクを通し IVS Global Japan のサイトから離れて第三者のウエブサイトに行く際、リンクされたサイトの管理者はユーザーのクッキーを利用する可能性もあります。IVS Global Japan はこのようなクッキーに対して法的責任を負えません。

5. 情報の撤回・削除の権利

申請者は自分の個人情報を利用する承諾を撤回する権利がありません。申請者はIVS Global Japan に自分の個人情報を保存する承諾を撤回したいと知らせるとき、またはデータの保存の目的を満たすためにデータが必要ではなくなったとき、そしてその他法律上でデータの保存を容認できない場合、データは削除されます。文書にて申請者が依頼すれば、IVS Global Japanは申請者に IVS Global Japanese が申請者についての個人情報(名前、住所、電話番号)を共有できます。このような要求があれば、免責事項のページ、または連絡先のページにあるIVS Global Japan の連絡情報を利用してください。

6. セキュリティ情報

第三者が申請者の個人データをアクセスできないよう、IVS Global Japanは技術的かつ組織的セクリティー対策を取っています。申請者、または関係当事者はemailを通し私たちに連絡する際、伝達する情報の秘密性を保証できないことを注意してください。Emailで伝えたコンテンツは第三者に見られる可能性があり、インターナショナル・ビサ・サービスはこのように漏らされた秘密情報に関して責任を負えません。

IVS Global Japan のウエブサイトには、外部サイトへのリンクが掲載されています。 IVS Global Japan はリンクが接続するウエブサイトの管理者のデータ保護対策に影響力がありません。

7. 連絡先

申請者、その他の関係者は申請者個人データの取り扱いに関する質問・提案などありましたら、遠慮せずに以下の住所に連絡をしてください。

IVS Global Japan
〒105-0014
東京都港区芝3-40-4
三田シティプラザ 1階
担当者:______________
Tel: _____________
Fax: _____________
Email:___________

  Design & Developed by  Logicopedia