Apply for
VISA to India
English I  日本語

In
Japan

ビサについて知りたいですか?
就労ビサ

就労ビサは基本的にパスポートの国での申請となりませうが、外国籍者は外国に2年以上滞在している場合、当国での申請も可能となります。

必要書類:
  • 日本人国民の基本必要書類(適用する場合)
    • パスポート 最低2ページの空白ページが必要)。インド・ビサ・アプリケーション・センターに提出する際、パスポートの有効期限が6ヶ月以上でないといけません。また、パスポートの有効期限を超える有効期限を持つビサは発行できません。インドににぃ異国する際、最低6ヶ月の有効なビサを所有することを勧めます。ビサ申請書類の「発行場所」は、 こちらのリストを参考してください。
    • ビサ用写真を1枚 (サイズ: 51mm X 51mm)。写真要領 を参考してください
    • 申請者はオンラインビサ申請書オンラインビサ申請書 を記入。登録する必要があります。申請書を印刷した後、訂正はできなくなりますのでご注意ください。ビサ申請書を印刷してから、パスポートのサインページと同じサインを写真の下と2ページ目の下に著名してください。ビサ申請書に誤りがあった場合、受け取ることができません。
    • 申請者が以前インドを訪問した場合、当時の入国にあたって利用したビサのページのコピーが必要になります。
    • 申請者の所有する古いパスポートの中に有効なビサが入っている場合、中日インド大使館(東京)、または在大阪インド総領事館に新しいビサを申請する際、 古いパスポートも提出する必要があります。
  • 日本人でない外国国民の基本必要書類
    • パスポート (最低2ページの空白ページが必要)。インド・ビサ・アプリケーション・センターに提出する際、パスポートの有効期限が6ヶ月以上でないといけません。また、パスポートの有効期限を超える有効期限を持つビサは発行できません。インドににぃ異国する際、最低6ヶ月の有効なビサを所有することを勧めます。ビサ申請書類の「発行場所」は、こちらのリストを参考してください。
    • ビサ用写真を1枚 (サイズ: 51mm X 51mm)。写真要領 を参考してください
    • 申請者はオンラインビサ申請書 オンラインビサ申請書。 を記入・登録する必要があります。申請書を印刷した後、訂正はできなくなりますのでご注意ください。ビサ申請書を印刷してから、パスポートのサインページと同じサインを写真の下と2ページ目の下に著名してください。ビサ申請書に誤りがあった場合、受け取ることができません。
    • 申請者が以前インドを訪問した場合、当時の入国にあたって利用したビサのページのコピーが必要になります。
    • 申請者の所有する古いパスポートの中に有効なビサが入っている場合、中日インド大使館(東京)、または在大阪インド総領事館に新しいビサを申請する際、 古いパスポートも提出する必要があります。
    • 以下の書類のコピー(A4サイズ)
      a). 写真・個人情報の掲載されているパスポートページ
      b). 日本ビサの貼ってあるページ
      c). 再入国許可書の貼ってあるページ(日本法律の下で必要な場合)
      d). 外国人登録証明書(両側)(適用する場合)
    • 日本人以外の外国人国民の必要書類 のリンクから追加の必要書類をダウンロードし、オンラインビサ申請書と一緒に提出してください。
  • 申請者はインドの会社と締結した雇用契約の証拠、または採用された証明となる書類の原本とコピーを提出しなければなりません。
  • 著名の入った履歴書。(申請者は自分の学歴 と職業経歴を詳しく説明する書類を提出しなければなりません)。
  • 申請者は雇用する会社の会社法上の登記、または会社がインド国の産業部門や関係のある貿易促進協議会で登録されていることを証明する書類、あるいは業務分野における促進団体で登録されていることを証明する書類、雇用に関する書類を提出しなければなりません。
  • 日本の会社からの推薦状の原本(申請者は会社に勤めていない場合、自己推薦状を提出しても良い)
  • インドで雇用する会社からの契約書(アポイントメントレター)の原本
  • インドで雇用する会社のプロフィール(場合によって必要)
  • インドの会社からのアンダーテイキング・レター(会社は申請者がインドに滞在している期間の行為・行動を保証することを約束する書類)
  • インドで雇用する会社からの技能証明書(申請者は特殊の技能と持っている、またはシニアエクセキューブ・マネージャー、または技術的エキスパートであることを証明し、申請者の持っている技能はインドで入手しにくいということを証明する書類)
  • 場合によって、インド政府外国協力事業(GOI)からの許可書も必要になります。
  • インドでも賃貸契約書、就労者が住む場所の居住許可証明書、会社から申請者の住居を保証する証明書のコピー。

  Design & Developed by  Logicopedia